口コミに書かれていないアイキララの正しい使い方

口コミで話題のアイクリームというものをご存知でしょうか? これはアイキララに代表される目下のクマ専用クリームで、加齢による皮膚痩せで内側の組織が見えて暗く見えてしまう状態の改善が期待できます。

 

つまり、皮膚の内側から成分が作用して、張りのある若々しい目元に戻してくれるのです。

 

普通は目下のクマはファンデーションやコンシーラで覆い隠すものだとは思いますが、酷くなってくると厚塗りにしないと対処できなくなります。

 

ですから、アイキララによって、加齢による皮膚痩せを少しでも改善し、薄塗の状態でメイクできるまで共に頑張りましょう。

 

では、私が実践しているアイキララの使い方について書いてみます。

 

口コミを見る限り、ほとんどの人は普通にクリームを塗っていると思いますが、これでは目の下のクマはあまり変わらないと思います。

 

まず、洗顔料でメイクをしっかりと落とし、目もとをマッサージでほぐして血行を良くしてください。

 

そのあと、化粧水をお肌になじませてから、手の甲の体温でしばらく温めたアイキララを目元に優しくマッサージするようになじませていきます。

 

こうすることで、肌の奥深くまでクリームの成分が浸透してくれるんです。

 

あとはクリームが浸透した段階で乳液を塗って完了です。

 

口コミなどでは賛否両論のアイキララですが、使い方さえきちんとすれば、全くダメということにはならないでしょう。

 

他のケア用コスメでもそうですが、肌の奥に成分を浸透させるには、準備と手順がとても大事なのです。

 

毎日、それも朝晩と2回行うことなので、手の込んだケアは面倒くさいかもしれません。

 

ですが、せっかくお金を払って使うわけですから、できるだけ悩みを解消したいですよね。

 

私の場合は3ヶ月使い続けた結果、毎日のメイクが楽しくなりました。

 

さすがに若々しいとは言い切れませんが、実年齢より5歳くらいは若く見えると言われます。

 

もちろん、これからも定期的に使っていきたいですね。